ひとりごと

沼は味わうためにある

生きているうちに何度かハマる”沼”がある。


ある時急にハマり抜け出せなくなる。
何も手につかずその事ばかりを考え、考えても考えてもどうしようもないのに考え
手に入れることも消化するこも すり潰すこともできないことに微かに絶望しながら
まだそのことについて頭痛がするくらい考える。そんな時はもう完全に自分から思考は奪われ、自らを苦しませてきた自己批評を思う余地もなく、ほとんど無気力にさせる。

それが”沼”だ。


それほどの力を持つ沼には強烈な世界観がある。映画、ドラマ、音楽、片思い、漫画、小説、ファッション、美容、整形….. 些細な事も世界観が強まると沼と化す。そこにハマった時は焦り、早く抜け出そうとする。自分にいろいろな不毛な犠牲が降りかかるのがわかっているし、その沼はきっと気力を奪うほど甘美であることもわかっている。甘美だがどっぷり浸かると胸が圧迫して呼吸が浅くなりそうだ。

何よりも、沼から抜けた後が恐怖。
抜け出した頃には 私は完全に浮世離れした価値観の持ち主になってしまうのかもしれない。ハマったらいつ抜け出せるのか分からない。なんであんなことをしていたのだろう…と後悔するだろう。価値のないことかもしれない もしくは 自分のなかで成長できるはずだった価値をみすみす逃すかもしれない。

沼はハマるときは自分をすっぽり覆うくらいの粘着質で深さなのに ある時突然消えたりする。前触れもなく突然姿を消すのが沼の特徴だ。沼が突然消えた時は ああ これでやっと楽になれるという感情と また沼を失ってしまったことで大きな虚無感に襲われる。だから沼にハマるのはずっと怖かった。

でも最近、沼にはまれるのことは 幸福なことかもしれないと思い出した。
沼にはまれることは余程惚れっぽい熱中しやすい気質の人でない限り滅多にない。私のように他人にも物事にも無関心な人にはなかなか訪れない。ただ毎日の決まり切った 痛くも痒くもないうんざりするようなルーティンに身を委ねるだけだ。

最近沼にハマっている人との会話があったのだが その人は沼を楽しんでいた。
抗うでもなく 恐れることもなく 沼に静かに淡々と浮いている感じで
その浮き方は自然でとても「真摯」的だった。こういうのが「真摯」的なのだなと思わせてくれる人だった。機会があってその人に”沼”にはまることの恐怖を行ったところ こんな言葉をかけてもらった。

人生では思わぬところで予期せぬ沼にハマってしまうものです。
でも、そういった沼ほど大きくて深いものはないので、
これからたっぷり味わってください

そのことを聞いて私は少し恐怖が治った気がした。沼は恐れることはないのかもしれない。
沼にハマることを後悔する日も来るかもしれない 無駄だと思うかもしれない。沼の消失の時 虚無感に襲われるのかもしれない。でも、沼に浸かることはもしかしたら決して悪くないのかもしれない。その人は今 私の尊敬する人になっている


沼 は 味 わ う た め に あ る 。

たいしたこともできない私 かといって自分を見切って日々を思い切り楽しむ事すらできない私なら、幸運にも与えれた沼をせいぜい堪能すればいい。しっかり味わいながら浸かりながら。

コメント