デンタル道

私が歯科恐怖症を克服できた方法②~発展編~

道路工事のドリルすら巨大な歯医者のドリルに思えてきて逃げ出したくなるレベルの歯科恐怖症

恐怖に打ち勝つデンタル欲求

🐻前回まではこちら↓🐻

私が歯医者恐怖症を克服できた方法①
私が歯科恐怖症を克服できた方法①~はじめの一歩編~ 歯医者が怖くて怖くて仕方がなかった私がいかにデンタルオタクになったかの体験談第一弾。

幼い頃のトラウマで、今まで全く歯医者にいかなかった人が
いざ勇気を振り絞って定期検診を予約して歯医者に2回ほど通い始めると
必ずと言っていいほど自分の歯のコンディションが気になる様になります。
もちろんまだ歯医者は嫌い。
クリーニング中、恐怖&緊張で額に汗が滲み出てくる・・・。
真夏など私はサウナに入った後レベルに冷や汗で背中がビッショビショに・・・w

「こんなに頑張って掃除してもらっているんだもの!
この掃除後の歯の綺麗さを保ちたい…虫歯はもちろん着色汚れなどさせてたまるか;;!」


こんな「綺麗に保ちたい」欲望が心に芽生え出したのなら
歯科恐怖症克服どころか、デンタルマニアへの道が微かに開かれつつあります。
いや、まだ歯医者に対してはまだ恐怖を感じているんですよ?
歯医者は怖いけど、自分の歯を綺麗に保ちたいという「欲求」も生まれてくる。
恐怖と欲求がバチバチ拮抗している感じ⚡️

でもこの欲求という名の盾と矛、これ本当恐怖に対して最強の武器なんですよねぇ
これら武器を持ってして立ち向かえば、克服どころかデンタルマニアへの道が開けてくる・・・

私が思うに、歯医者嫌いの歯科恐怖症の人ほどいざとなるとなぜかデンタルマニアになりがちな気がするんです。
まあ、この不思議な現象は後半に考察するとして・・・

さてさて
歯科恐怖症でめちゃくちゃ歯医者嫌いだった人がどうやって恐怖症から脱却し、
デンタルマニアしていくという飛躍的大ジャンプを果たすのか?
デンタルマニアのステップとは?
些細な行動から順を追ってみていきましょう〜!

Step.1 歯医者帰りに高めの歯磨き粉を買いだす

先ほども言いましたが、歯医者で定期的にクリーニングを受けるようになって、一度自分の歯が綺麗になったことを実感すると、間違いなくさらに自分の歯のコンディションが気になります。
なんなら人の歯まで気になります。

歯医者のクリーニングでやはり恐怖を感じるあのガリガリされる歯石取りとかされたくない。
着色したくない・・歯を白く保ちたい・・いやもっと白く・・!

それまでは300円くらいの(Ora2とかクリニカとか)の普通の歯磨き粉を使っていたけど、ホワイトニング効果が高い ちょっと高価な歯磨き粉(1500円くらい)を買う様になります。
決まって歯医者に行った帰りにドラッグストアで歯磨き粉を選定して買ってました。歯医者後の高いモチベーション下では必死に歯磨き粉のパッケージの裏面を読み込みます。
ちなみに私はその頃、いろんな歯磨き粉を試してきた結果、
こちらのアパガードプレミオをよく買う様になりました。

アパガードプレミオよりも安いタイプのアパガードもあったのですが、高価効能を比較検討した結果、値段は少し高いけど結果的に見ればコスパが良いプレミオを買う様にしていました。


この歯磨き粉で磨くだけでも、心なしが歯は艶めいてきます^^
(ちなみに1ヶ月くらい続けないと効果は出ない)
綺麗になるんですんですが・・・・。

綺麗になってくると欲のレベルが上がちゃうんです。
「あの・・もっと白くしたいんですけど・・」

この高価な歯磨き粉であっても、自分の歯を理想的に白くするということはできないのです。
自宅での歯磨きできるのは本当に表面的な歯の白さを取り戻すことだけ。
歯の内部に染み込んだ着色はとれないのです。
毎日のコーヒーとか赤ワインとか色の濃い食べ物とかの食品などの色って歯の内部に進入して色素沈着しちゃうんですよね。
電動歯ブラシであっても取れないです、取れるのは表面の比較的剥がれやすいステインまで。
歯のエナメル質内に入り込んだ着色物質は、自分ではどうしたってとることはできないんです。

ホワイトニングやってみちゃう

もっと歯が白くならないかなと考えていると、もう写真を見ても自分や人の「歯」の色にばかり注目するようになってきます。顔が変だとか半目になっちゃったとか以前よく気にしていたところよりも、まず歯に目がいく。そして、
「この歯の色は綺麗じゃない気がするなあ、、。ホワイトニングしないと改善できないんだろうなあ。
でもホワイトニング自費治療だし高いし。でも白くないの気になるなあ。でも高いの嫌だなあ・・」
と常に考えるように。。

その時点であなたはもうホワイトニングしたいんです。
はい、しちゃったほうがいいです。


クリーニングでなくてホワイトニング。
歯の漂白である「ホワイトニング」。
今気になっているのなら、ホワイトニングしない限りずっと自分の歯の色を気にすることになるんです。だからもうやっちゃった方がいい!

ホワイトニングは、自分でできる安いキットもあるけど、歯医者のホワイトニングの方が即効性があります。ホワイトニングの主成分は過酸化水素ですが、歯医者さんの方が過酸化水市販のホワイトニングは過酸化水素が主成分で、これがちょっと過酸化水素水と比べると効能が薄い。
名前は違いけど、効果には結構違いがあるのね。
そうなると手間と費用面と安全性を鑑みてみれば、結果歯医者でやってもらうのが絶対いい。

まあ、歯医者嫌いなの結局また歯医者にいくことになりますけど・・・w

私、長いこと歯のホワイトニングって歯の漂白だし歯に悪いと思っていたのですが、
歯科衛生士さんに聞いて、実はそうでもないことを知りました。
過酸化水素によって口腔内の菌(虫歯菌や歯周病菌)が減るとか、菌の死滅によって歯茎の腫れが改善されるなど口腔環境改善に何気にいいらしい。
よくホワイトニングして歯茎が下がった!っていう人を聞くけどあれは、下がったんじゃなくて歯茎の腫れが菌がなくなったことでなくなり、本来の歯茎になっただけだとか。

値段的にも手間的にも、まずは歯医者さんのホームホワイトニングが一番手を出しやすいかも。
歯医者の立地とかにもよるけど大体一回15000円くらい。ちょっといい美容院でヘアカットとカラーしたくらいの値段かな。
ホワイトニングは、始めに歯の全体を綺麗にクリーニングしてから過酸化水素水で歯を漂白する手順。当たり前だけど歯科衛生士さんがやってくれます。
一時間くらいかかるかな。ホワイトニングの最中とか絶妙な鈍い痛みがあります。
でもあの削ったりする痛みとは違う。痛みに敏感な私が大丈夫だったので大体の人が耐えられる感じなんじゃないかと思う。なんか軽い頭痛みたいな感じが歯にしばらくくるって感じ。

あ、注意ですけどホワイトニングして3日くらいは食べ物の色が着色しやすいので色の濃い食べ物は避ける必要があります!それに注意が必要だから友達と食べに行くとか予定がある時はずらした方が懸命。

後、初回のホワイトニングは二週間くらいあけて連続で二回くらいしたほうが効果がでやすいと思います。一回15000くらいだから二回で30000円・・・結局高い。
ちなみに私が言ってた歯医者さんはホワイトニング二回セットにすると25000でできる所でした。
でもそれからは、毎年一回のホワイトニング頻度でいいらしいです。
一年に一回ホワイトニングで15000円かかる感じ。
白さにこだわる人でも半年に一回くらいで十分らしい。

何にせよ、ホワイトニングによって少しデンタルマニアへの道が開かれてきたのは確か。
だって大嫌いな歯医者にわざわざそんなにお金払ってホワイトニングしてるんですよ?
これってすごくないですか?
ホワイトニングしてもらった後はすごい鏡で「白くなってる!」と確認してましたw
これで先ほど紹介していたアパガードプレミオを使えば完璧!
プレミオの中にある歯の成分であるハイドロキシアパタイトが歯の表面の凸凹を滑らかにコーティングしてくれるから、歯に着色しずらくなるのです。
これならホワイトニング効果長続き!やった〜^^!

ホワイトニングをする事で
「歯を掃除されるの怖い痛い削られるの怖い・・・」という恐怖に
「もっと歯を白くしたい、綺麗にしたい」という欲の方が完全に上回る感覚を体感できると思います。そう、欲ってすごい強い。

お気づきだと思いますがここまでくると実はもう歯医者恐怖症はほぼ克服してる様なもの。
克服している様な気がするけど、歯医者が好きなわけじゃないし、はっきり言ってまだ怖い。
怖いんだけど、自分の歯を綺麗にしたい。
そう、欲の方が勝つんです。

Step.3 銀歯をセラミックに変える


ホワイトニングをして自分の歯がワントーン明るくなると、これまた絶対気になることがあります。
白いからこそさらに気になってしまう、虫歯になったことがある人は入っている人もいるでしょう。
そう、銀の詰め物(インレー)!!

教えて歯医者さんhttps://oshiete-haisha.com/anin.html!より


この銀歯いくつかデメリットかあるらしいのですが知ってましたか?

【銀歯のデメリット】
・虫歯になりやすい
・銀がイオンを発生させて歯茎が黒くなる
・銀歯は歯との親和性が低く浮きやすく、5年以内には必ずと言っていいほど虫歯になる
・銀のアルミを誤って噛むと痛いような苦いような電気が発生する
・何より目立つ

このデメリットを知って私は思いました。
「銀歯の詰め物ロクでもないじゃん!!」と。

銀歯は保険適応なので2000円くらいでできます。ここ最近出ていたという保険が効く白色のレジンが10000円くらいだったかな?
でもレジンは収縮しやすく自分の歯との間に隙間を作ってしまいそこに汚れが溜まって結局銀歯と同じく虫歯を引き寄せてしまったり、数年で色が変色しやすいのがネックです。
何度も詰め物を付け直すとそのたびに余分に自分の歯を深く削らなければいけなくなる(※たくさん削らないと詰め物がちゃんと歯にくっつかないらしい)ので、それは避けたい。
てことはセラミックがいい・・。セラミックがいいんだけど・・・・でも・・・・
そう、セラミックインレーは、これもまた自費診療で高い!
30000~50000円したと思います。
当時私は40000円の洗濯機を買おうかどうかですら悩んでいたのに!
自分の口の中のこんな小さな部分が同じくらいの値段することにかなりショックを受けました。

歯って人間にとって大切なはずなのに何でこんなに高いんだろう・・・・
その時もそして今も思っています。デンタル関連値段高すぎです・・・涙

高いので2週間ほど悩みました。
いろんな人に相談をしました。全然関係ない人にまでセラミックがいいのか樹脂がいいのか相談しましたw
無駄に人に聞きすぎかなと思った中、いいことを言ってくれた同僚がいました。

健康にお金をかけるのが最も経済的だと思うけど??

これを聞いて「おお!」と思いました。
何でもないただのポヨーンとした同僚(失礼w)がこんな金言をくれようとは!
これは私的にかなり良い思考法だと思い、いまでも大きな買い物の指標の一つの言葉としています。

決心もついたところで、セラミックインレーを入れてもらいました^^
これで私の歯に銀の部分はなくなり、ホワイトニングの白がちゃんと生かされるようになったのです。
歯磨きもきちんと丁寧にするようになります。

守りたいものがあると強くなれるんだッ


ホワイトニングにセラミック。
こうなるともうあなたは歯医者恐怖症は克服自体は確実にできているはずです。
いや、克服と言っても、恐怖がなくなったわけではない。
恐怖に自分の歯を守りたい欲求がまさっている状態と言った方が正しい。
お金をかけた分、ケアしてきた分 絶対に歯を綺麗に保ちたいという強い気持ちがあるからです。

「克服」したからと言って、全く怖くなくなるというわけではないというのは
この歯科恐怖症を通して初めて知った感覚。
全く痛くないことは「ない」し・まだ怖いのはは確か。
どんなに丁寧にしてもらってもちょっと痛かったり滲みたりはあります。
でもその「痛み」に「歯を守りたい欲望」が確実に勝ちます。
守りたいものがあると強くなれるんです!(このセリフをここで使うw)

克服って綺麗さっぱり恐怖が消えることではないんですね、
それに耐えられる精神とか理由とか気持ちを持っているかどうか。

まあ、なんにせよ
もうあなたの人生にとって歯医者は不可欠なものになっていることでしょう。
だって歯医者なくしては、あなたの欲求が満たされないんですもん。

歯医者恐怖症克服を経て、我思ふ

しかし以前までの
歯に興味がない、歯磨きめんどくさい、歯医者嫌い・・
そんな思考だった自分を思うと本当に不思議です。
今や美容院よりまず歯医者に行っています。

歯医者の定期検診というものを習慣に取り入れただけで、あれだけ軽んじてきた「歯」を意識するよう思考も変わり、「歯」について調べ、歯に良い磨き方を調べ、歯に良いものを食べ・・・などと生活の習慣が変わります。
あれ?・・・・なんだか あの名言思い出しませんか?

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる

ああ!野球のゴジラ松井秀喜の!と思われたかもしれないですけど
こちら元々はアメリカの哲学者・心理学者のウィリアム・ジェームズの名言です。
(でも松井さんが言わなきゃこの名言を知る人も少なかったんでしょうね。実際私も松井さんの名言だと思い込んでた)
スポーツとか大それた行動にしか当てはまらない名言だと思っていましたが
こんなちょっとした歯科恐怖症克服の段階にも当てはまるような名言だと改めて気づきました。
小さなことだけど、大事なことです。
いや、歯は個人にとってかなり大事ですけどね!

コメント