ベジタリアン

私がベジタリアンになったきっかけ

ベジタリアン生活スタート

きっかけはモノグサから

私はお肉が大好きで、毎日お昼には鳥の唐揚げ、夜には豚キムチをよく食べていました。
が、2020年8月19日(金)。
その日からから特に理由もなくベジタリアン生活が始まりました。

理由は、実家から大量の果物と地元野菜が送られてきて処理しきれなかったことがきっかけ。
またその頃は八月で猛暑日真っ只中。
外も大変な酷暑で外出も億劫なので、しばらくはその食材だけで適当に食いつなごう、、、
つまり、モノグサをしたのがベジタリアンライフのきっかけです。

アルコールを取らなくなった


初めはランチに人参ときゅうりとナスばかりを焼いたり、
マヨネーズをつけたりして食べていて
(この時別にベジタリアン を意識はしてないので普通にマヨネーズを食べている)。
また梨も大量に送られてきていたので梨を夜に2玉食べ・・。

5日ほどそんな生活を続けていましたが、それでもなくならない大量の果物と野菜。。
一人暮らしの娘に一体何人分の食糧を送ってくるんだ・・・!とちょっと思いましたw
いろいろ送ってもらえるのは大変ありがたいのだけど、生の物は腐りやすいから早く消費せねばと
食料は買い足さずに急いで野菜と果物を食べまくっていました。

そんな生活を1週間近く送っていると不思議なもので、
毎晩 高アルコール(9%)を500ml、時にはワイン一本を空けたりするのを日課にしていたのですが
油の乗った鶏肉や豚肉がおかずに無くなったせいか、あまりお酒が美味しく感じられない気がして
もうちょっと軽めのお酒がいいなあと思はじめました。

で、たまたまスーパーで安く売っていた「ノンアルコールビール」を買ってみました。
普段ビールは味が苦手で飲めないんですけど。
なんで嫌いなビールののって買ったのかも謎なのですが口寂しかったんでしょうねw
シュワシュワさせたいみたいな。ジュースは甘すぎるし。

まあ、家にある野菜たちを全て食べ終えたら、またいつものワインと高アルコール系チューハイに戻ろうと思いながら。
でもなんだかんだ、その時買ったノンアルビールが野菜が主食毎日に味がフィットしてしばらく飲んでいたんです。

その時買ったのがこのノンアルビール。
いろいろ飲んだけどこれが一番美味しかった。

8月の終わり。
送られてきた野菜を淡々と処理して2週間くらい。

あとはサバの缶詰やらがあったので、こちらも処理してしまおうと思いました。
(ここまでの間ずっとスーパーで買い物してなかったってすごくないですか?w)
「サバ缶はかあ〜なんか缶の処理めんどいんだよなあ」とまたお得意のモノグサを発動していることろ、かねてから凄く不味そうだなと思っていた昔もらったオートミール の袋があるのを思いしました。(これも実家から届いていたw)
試しにオートミール を食べてみたところ・・・・

なんか・・・意外とねっちゃりしてて・・・美味しいかも!!

せっかくだからモデルみたいにフルーツとかいっぱい贅沢に盛り付けようと久々のスーパー買い出し。
オートミールに豆乳ヨーグルト、フルーツいっぱいのせた食事、めちゃくちゃ美味しかった。
気に入りすぎて昼食、夜食、毎食オートミール の🍓🍇🍊フルーツ盛り🍓🍇🍊。
ハマると同じものを食べたくなります。

ベジタリアンとヴィーガンが気になり出す!


その生活を始めてから、
なんとなしに野菜ばかり食べる生活になっていつの間にか17日目になっていました。
野菜を消費すること&オートミール ボウルにハマりまくっていたせいで肉のことを忘れてました。
そこで思いました。

あれ?ひょっとして肉なしでもこれいけるんじゃない?

そういえば肉食べなっくなってから、悩まされてきた偏頭痛が起きてない。
(肉というか酒を飲まなくなったからかもだけど、いや多分絶対そうw)
お腹はすぐすくけれど、野菜と果物だからめちゃくちゃ食べまくっても罪悪感が全然ない。
そう言った流れで
ベジタリアンとかヴィーガンとか俄然気になり出したわけです!

ここまでくると1ヶ月くらい試しに肉なしで行こうかな?って気持ちが出てきました。
そこからベジタリアン生活がスタートしました。

自分について考える

ベジタリアン を意識すると、なんだか色々気になりだします。

普通は動物を守るとかそう言った思想から、
それを擁護する行動としてヴィーガンとかベジタリアンになるかと思う。

私は特別な大意もなく、ただ単なるモノグサで「たまたま肉を食べない期間が続いた」ということからベジタリアンになろうかなだなんて思ったわけですが、
そうであっても結局思想の方に頭が向くものなんですね~。
行動と思考は結局同じレベルに保ちたいと言う恒常性みたいなのが働くのかな?

私は家畜が人類のエゴだ!とか こうあるべきだ!とか・・
そういった確固たる信念を持っているわけではありません。

ただ単に、あるから食う。売ってるから食う。
人に提供されたから食べたくなくても食う。
今まで食ってきたから食う。
”食べる”ことに関して「受け身」な部分が多かった。
”食べる”ことに関しても”生きる”ことに関しても。

受け身、受け身、、、でなんだか自分自身うんざりしていたところに
ベジタリアンの基本「自分で選んで食べる」という選択できるという思考が心にグッときたのだと思う。
自分はもっと、自分の行動を自分で決定して良いのかもしれない。

ベジタリアン生活を意識するとこういう思考について思考することが増える。
これがやや宗教ぽい雰囲気を感じる所以なのかもしれない。
ちょっとなるほどなとは思ったな。

ベジタリアン生活で心配なこと

ベジタリアン生活をするにあたって心配なのは、実家に帰った時の親からの大量の焼肉のサービス。
それを断るのは・・・酷いだろうか?
友人との外食とかも悩みそうだなあ。。
ベジタリアン生活初めてまもない私が悩むくらいだから、本当のベジタリアンもしくはビーガンの人は大変だろうなと思った。

しばらくは ちょっと様子見していこうと思う。
ベジタリアンになることによる体重の変化とか気になるし。
自分に合うのなら続けて 合わないのなら変える。

いい加減な性格のくせに自分のルールに忠実な私は
自己理念として思想を簡単に取り入れると、すぐ自分を縛っちゃう。
だから 必要と感じた時に、摂取する。

無理のないように続けていてみよう。

コメント